瀬田玉川神社 十二御祭神月詣御守・月詣御朱印の頒布について

 瀬田玉川神社には、主祭神である大国主命・少彦名命・日本武尊をはじめ、明治期に合祀されたたくさんの神々が祀られています。
 その神々のご神徳にあやかるため、神々ゆかりの宝物などが書かれた御守
(御祭神に関する詳しい由緒つき)と金の神紋入り御朱印を頒布します(頒価は、御守が700円、御朱印が300円です)。
 月詣御守は、当月中に授与所か社務所の受付(インターホン押す)でお受けください。
 月詣御朱印は、1日限定頒布とさせていただきます。
 十二種類の御祭神御守を全てお揃いになられた方には、記念の品を差し上げます。
 毎月表の宝物などの絵が変わります。白地に大きな「鎮守の杜」をイメージした神紋が入っています。

〈12月(師走)は、櫛名田比売の御守〉

 


【初詣に関するご案内】

~初詣は、氏神さまにお参りしましょう~

 
【会社等の祈願祭について】
新年にあたり、会社等の皆様の商売繫盛・事業安全・工事安全等の祈願祭のご予約を承っています。
 
厄除祈願・家内安全・商売繁盛等のご祈祷について
 1月1日~1月3日まで、厄除祈願祭は10時・11時・12時・13時・14時・15時・16時に行いますので、お時間の10分前には、拝殿向かって左の授与所にて受付(ご予約の必要なし)をしてください。
 
 厄除祈願以外のご祈祷(家内安全、商売繫盛など)の方は、各々の時間帯の〇〇時30時、〇〇時45分にご祈祷を行います。 
 ご祈祷の方は、参拝の行列に並ばずに、ご祈祷受付のある授与所に直接お越しください。
 
 また、1月4日以降は、厄除祈願祭は10時・11時・12時・13時・14時・15時・16時に行いますので、あらかじめご予約をお願いします。その他のご祈願は、〇〇時15分、〇〇時45分に承ります。
 
 【殿内の人数制限について】
 拝殿内は18名までの入場制限をしています。個人祈祷の方は、対象の本人のみご入場できます。会社等の方々は、1団体につき、18名までのご入場となります。ご協力をお願い申し上げます。

 
 
 
 

 
【新型コロナ感染拡大防止対策に関するお知らせ】

~神社へのお参りは、不要不急の外出には当りません~
 
 現在、新型コロナウイルス対策のため、手水舎の柄杓と社頭の鈴を収めています。外トイレも閉鎖しています。
 
 参拝は、社頭にて通常通り出来ます。
 
 ご祈祷については、通常通り承っておりますので、お電話でご予約ください
 社殿内は消毒液を用意し、換気と席の間隔を空けることなどの対応をしておりますので、ご理解ください。
 
 また、ご祈祷の際には、マスクの着用をお願いします。
 
 新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息をお祈り申し上げます。


第4回「神さまと海と森の教室」の参加募集

令和4年5月8日(日)に開催予定とします。

~小中学生集まれ!~

 「第4回神さまと海と森の教室」の開催について、継続してご参加いただいているお子様もいらっしゃるので、より充実した知識と経験、作法も含めて学んでいただくために、「神さま」と「森」の教室においてのみ、高学年チーム(中学生~小5年生)と低学年チーム(小4年生~小1年生)に分かれて、フィールドワークを行います。
 最近は、国連が示すSDGs(持続可能な開発目標)が、日本でも少しずつ耳にするようになってきました。「経済」「社会」「環境」というテーマは、持続可能な社会を実現するためには、どれかが突出してもならず、欠けてもならず、バランスを保って進めなければなりません。将来を生きる子供たちに、そのことについて学んでいただく機会にもなろうかと思います。
 また、この教室の取り組みは、昨年、環境省の「第7回グッドライフアワード」(環境教育などに取り組む表彰制度)に申請したところ、残念ながら今回は受賞は叶いませんでしたが、最終選考まで残りました。
 私たち大人は、未来を生きる子供たちに、なるべく生きやすい環境を残し、自然との共生のバランス感覚を持った大人になってもらうよう、さまざまな場面で機会を提供していく必要があります。この教室でも、継続してご参加いただくことで、そのことを感じていただく、良いきっかけになると考えています。
 継続してボランティアで関わっている多くのスタッフも、そうした熱い思いをもって、子供たちと接していますので、ご都合が叶いましたら、ご友人知人お誘いの上、ぜひご参加ください。
 なお、新型コロナウィルスの話題と影響が絶えない昨今です。5月には終息していることを願うばかりですが、今後の状況を見ながら、最終的な開催有無の判断をして参りますので、その点ご容赦ください。
 ご参加お待ちしています。
 

 
 

【縁結び大学でご紹介いただきました】

当社オリジナルの12のご祭神にまつわる月詣の御朱印や御守を中心に
「縁結び大学」というサイトでインタビュー取材していただきました。
是非ご覧ください。

▼取材記事はこちらから
https://jsbs2012.jp/date/tamagawajinja
縁結び大学
https://jsbs2012.jp/date/

HOME | 最新情報 NEWS